春日井市にあるたけだクリニックの脳神経外科春日井市にあるたけだクリニックの脳神経外科

〒486-0926 愛知県春日井市小野町5丁目89-6

脳神経外科 NEUROSURGERY

当院の脳神経外科診療

何か違和感を感じたら
すぐに診断を

脳神経外科では、頭痛、めまい、物忘れ、認知症などの疾患を診察します。脳血管の疾患は、初期の自覚症状は、よくあることと見逃しがちですが、気になる症状をあらかじめ検査しておくことで、万が一の事態を避けられるかもしれません。
いつものことと、放っておくのではなく気になることは、なるべく早めにご相談ください。

このような症状はご相談ください

突然、激しい頭痛に襲われる/吐き気やめまいを伴う頭痛がある/鎮痛剤を飲んでも効かない頭痛がある/頭を打った後、時間が経ってから頭痛があらわれた/頭を打った後、歩くのがおぼつかなくなる/首の付け根、うなじ、目の奥などが痛む/手足がしびれる/麻痺やふるえがある/よく物忘れするようになる/視界の片側がみえづらくなる/ろれつが回らなくなる

安全・確実に
脳の状態を検査します

1.5テスラ高性能MRIを設置しており、脳の血管を撮影し、脳動脈瘤や脳動脈硬化による狭窄・閉塞などの有無を検査します。磁気を用いて画像を撮影するため、被ばくの心配がありません。造影剤を使用して、脳内血管の画像を得ることができ、鮮明な画像が撮影できるので正確な検査が可能です。

頭痛

重大な疾患の可能性も

頭痛には脳出血やくも膜下出血など、大きな病気が隠れていることが少なくありません。多くの人が経験する頭痛は、命にかかわらないものもありますが、痛みが頻発するなどの場合、重大な疾患やその前触れの可能性がありますので、早めに受診するようにしましょう。
頭痛持ちだから、いつものことだからと油断せず、大きな病気のサインの可能性も考え、早めに対処することが重要です。

頭痛が症状として
発症する
病気

脳の病気

脳腫瘍、クモ膜下出血、脳出血

骨髄・神経の病気

髄膜炎、後頭神経痛

血管の病気

側頭動脈炎、偏頭痛、緊張性頭痛

耳鼻科系の病気

副鼻腔炎

心の病気

自律神経失調症

めまい

脳が原因で生じるめまいは
特に注意

体や周囲がぐるぐると回る、頭がふわふわする、体が浮いたような感じ、これらは全てめまいの症状です。耳から生じるめまい、脳から生じるめまい、頸性めまい、循環障害や内科的要因から生じるめまいと、原因は大きく4つに分けられます。特に脳から生じるめまいは、脳卒中の初期症状や脊髄小脳変性症、脳腫瘍の疑いもあり、命を落とす可能性があるため注意しましょう。
めまいの症状が出た際は放置せず受診して、原因究明、治療を行いましょう。

めまいが症状として
発症する
病気

脳の病気

脳梗塞、小脳出血、聴神経腫瘍

耳の病気

メニエール病、良性発作性頭位めまい症、前庭神経炎

全身の病気/心の病気

自律神経失調症、血圧以異常、頚椎異常、貧血、
心因性めまい

物忘れ

認知症以外にもさまざまな
原因で

物忘れが起こります

脳の老化現象による物忘れは、年齢を重ねればごく普通に起こります。物忘れをした場合は、それが認知症によるものか、加齢によるものか、検査して適切に診断することが重要です。
物忘れが多くなってきたと感じたり、家族の物忘れが気になるときは、まず検査を受けてみることをおすすめします。認知症の場合も、早期に治療を受ければ進行を抑えることが可能です。

物忘れが症状として発症する病気

アルツハイマー型認知症、レビー小体型認知症、血管性認知症、前頭側頭葉型認知症、脳卒中の後遺症、正常圧水頭症、慢性硬膜下血腫、甲状腺機能低下症、うつ病

VSRAD

認知症は初期段階の診断と
治療が大切です

VSRAD(早期アルツハイマー型認知症支援システム)は、判断が難しいとされるアルツハイマー型認知症でみられる、海馬傍回付近(記憶の形成・保持・再生をつかさどる領域)の萎縮度合いを検査するものです。MRIで頭部の画像を撮影した上で、健康な脳の画像からつくられたデータと照合・解析して、萎縮の程度を測ります。食事制限などはなく、検査後も普段通りに生活することができます。