〒486-0926 愛知県春日井市小野町5丁目89-6

ブログBLOG

下肢静脈瘤の原因

「下肢静脈瘤」の多くは足の静脈にある血液の逆流を防ぐ“弁”が悪くなって起こります。静脈の弁は、血液が心臓の方向へ流れる様に一方通行弁になっていますが、この弁が悪くなると血液は逆流を起こしてしまします。下肢の血液は、足の運動によって心臓に戻っていきます。正常時は静脈の“弁”の作用により重力に負けず、静脈血は心臓へ帰ります。しかし、逆流防止の“弁”が破壊されることにより、心臓へ帰るべき血液が下肢に停滞してしまい、足の付け根や膝の裏などで静脈が瘤(こぶ)のように膨らむのです。

静脈瘤のできやすい方の特徴

女性に多い、立ち仕事の多い人、加齢によるもの
妊娠時、遺伝的要因